交渉上手な弁護士なら賠償金の額が増えることもある

BlockImage2

もしもの「交通事故」のために知っておくこと

交通事故はいつ、誰に、どこで起きるかはわかりません。もちろん、合わないように心がけ気をつけるのが一番だと思います。しかし、交通事故にあってしまった場合。知っていて良かったと思える事があれば少しでも安心だと思います。
例えば、事故にあった場合に怪我をしているなら救急車を呼ぶ。どんな事故でも警察に届ける。警察には絶対に連絡しましょう。どんな事故でも、被害者、加害者だけでは話は上手く運びません。警察に届けておかないと「交通事故証明書」が受けられません。そうすると保険も使えなくなります。あと弁護士に依頼することをお勧めします。ただ、弁護士に依頼するといってもお金がかかります。なので、初めは相談をして必要となれば弁護士に着手してもらう事がいいと思います。
警察では事故の経緯等は調べても、お金の事などは本人達次第です。保険でなんなく賄える状態ならばいいですが、相手、自分の怪我などが長引く、後遺症が残るといった時に弁護士などに相談していない場合にお金の面で揉めることもあります。最終的には払ってもらえないこともありますが、そうなる前に弁護士に相談しておくと安心だと思います。ただ、これも相談するタイミングも大事になってくるので、そこは一度確認してみた方がいいですよ。

交通事故の賠償金で後悔したくないのなら

交通事故に遭った時に、まずしっかりと確認しておかなければいけないのが怪我の状態です。怪我は事故の状態によって異なり、かすり傷程度で済むこともあれば重症になってしまうこともあります。怪我がひどくなれば、治療費が高額になるだけでなく仕事や日常生活などにも支障をきたすことになります。更に、かすり傷だけで済んだと感じても、後で体に不具合が出てくることは珍しくありません。治療費だけでなく、働けなくなった時の生活費、後遺症が残った場合のサポートまで可能な賠償金を受け取りたいのであれば、交通事故に強い弁護士に相談をしておく方が良いでしょう。
大怪我をすれば、賠償金もしっかりと支払われると考える人もいますが、金額を決める保険会社は賠償金が高くなれば、それだけ損をしてしまうことになります。そのため、加害者に有利な過失割合を提示し、賠償金を少なくできるように交渉してきます。交通事故に関する知識がなければ、提示された金額に不満があっても受け入れるしかない状態になってしまう可能性が出てきます。しかし、弁護士に依頼をしておけば、治療費や生活など様々なことに対応できるだけの賠償金を受け取るための交渉が可能となります。そのため、交通事故に遭ったら弁護士に相談をしておくことがおすすめです。